ロッジテントユーザー必見!ドラフト効果抜群な薪ストーブのテント内インストール(設置)方法

      2017/04/18

薪ストーブのテント内インストール(設置)方法には様々な方法がありますが、煙突のドラフト効果を最大限に利用できるインストール(設置)方法を紹介します。
僕の愛用するロッジテントでのインストールを例に挙げて紹介します。
(ロッジシェルターユーザーの方、必見なインストール方法です)




煙突のドラフトってそもそも何??

煙突の役割は煙を野外に送り出すためだけのものと思っていませんか??
煙突内部の空気が暖まると発生する上昇気流、それこそがドラフトの正体です。
薪ストーブ本体から暖められた空気が煙突を通って野外に排出されます。
煙突内で暖まった空気は軽い為、上方へ上方へと上昇していきます。
その上昇気流が実はとても暖かく、幕内を暖めてくれる大きな要因となっているんです。

薪ストーブの性能を最大限引き出す煙突のドラフト

薪ストーブのパワーを最大限に引き出すには効率よく煙を排出し、空気を入れ替える必要があります。そこで、最も重要なのが煙突のドラフト(上昇気流)となるわけです。
効率よい排出をさせるために、煙突の設置はなるべく曲げず、垂直に伸ばすのが良いと言われています。
また、煙突の高さですが、あまり低いとドラフトが起こらず、煙が逆流します。充分な高さを設定することによりドラフトを発生させるようにしましょう。(煙突の縦横比は最低でも2:1以上にしてください)

ドラフト効果抜群の設置方法

それでは、実際に高いドラフト効果を発揮させるインストール(設置)方法を紹介していきます。
低価格でドラフト効果が高く、シンプルで簡単な方法になります。
使用するテントはOGAWA TENTの【Living Shelter(リビングシェルター)】です。ロッジテントの原型とも言われるかなり昔のテントになります。

用意するもの

・薪ストーブ本体 ・916mm煙突×2 ・エビ曲45°×2 ・エビ曲90° ・煙突T笠 ・幕除け(傘立て) ・その他金具類

薪ストーブの配置

薪ストーブをテント内に設置します。

テントの屋根部分に金具を取り付ける




アルミ板にアカギ立ちバンド15Aと2つ割り金具を取り付けたものをリビングシェルターの屋根部分の骨組みに固定します。

エビ曲り90°と916mm煙突を付ける

薪ストーブ本体にエビ曲り90°と煙突をつなげます。

エビ曲り45°を取り付け、2つ割り金具を仮止めする

エビ曲り45°を取り付け、2つ割り金具で仮止めを行います。
あくまでこのときは仮止めです、本締めはつぎの段階で行います。

幕除け付煙突を取り付け、2つ割り金具を締めます

幕除けとなる傘立てを煙突の外部に取り付けたものをエビ曲り45°に取り付け、2つ割り金具を本締めして固定します。

幕除けとなる部分(傘立て)はどのようにしているのかをここで解説します。
傘立てにM6ボルトをナットで内側と外側から固定します。

煙突のその中に入れて、グラつかないようにボルトの長さをナットで調整します。

エビ曲り45°、T笠煙突を取り付け完成

幕除け付煙突をとりつけたら残るは、エビ曲り45°とT笠煙突のみ。
その2つを取り付けたら、ドラフト効果抜群のインストールが完成!!

まとめ

薪ストーブ本体から、エビ曲り90°→916mm煙突→エビ曲り45°→煙突ガード付916mm煙突→エビ曲り45°→T笠煙突
という順番で取り付ければ完成!!
傘立てを使って煙突ガードを作るのがPointです。
前回紹介した方法よりも、煙突が幕内に入っています。
ドラフト効果によりその煙突から暖かい空気を発散し、幕内をさらに暖かくしてくれます。
               関連記事

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



 - ABOUT CAMP GEAR(キャンプギアについて)