ファイヤーハンガー(焚き火ハンガー)は必要不可欠な焚き火ギア

      2017/04/18

キャンプマニアから出ている、【ファイヤーハンガー】は僕のお気に入り焚き火ギアの1つ。シンプルで無骨で男前なこのギアの魅力とかっこよさをぜひ、みなさんに知ってもらいたい!!




キャンプマニアとは??


僕の生まれ故郷、岐阜産まれのアウトドアガレージブランド【CAMP★MANIA PRODUCTS】。代表のDJ.BRYANこと小川さんは過去にいろいろな経歴をを持つ方。日本の伝統技術を用いた「職人によるジャパンメイド回帰」をモットーに大量生産をするのではなく、1つ1つを手作りにこだわっているプロダクト。
出典元:CAMP★MANIA PRODUCTS

【ファイヤーハンガー】のスペック

ファイヤーハンガーは3サイズ展開になっています。
それぞれのサイズは以下の通りです。

Sサイズ <ベースポール>全長90cm / 直径9mm
     <ハンガーA>①43cm(有効長34cm)
     <ハンガーB>46cm(有効長37cm)

Mサイズ <ベースポール>全長100cm / 直径13mm
     <ハンガーA>48cm(有効長29cm)
     <ハンガーB>54cm(有効長32cm)

Lサイズ <ベースポール>全長112cm / 直径16mm
     <ハンガーA>54cm(有効長32cm)
     <ハンガーB>61cm(有効長39cm)
出典元:CAMP★MANIA PRODUCTS

ファイヤーハンガーの魅力

ファイヤーハンガーとは、焚き火のそばで使うギアで、ケトルやダッヂオーブンなどのギアを吊したり、ツール類を吊したりできる便利なギア、使い勝手が良いのが魅力です。
ベースポールを地中深くまで突き刺し固定し、ハンガーをベースポールに固定するだけというとてもシンプルで簡単な設置方法が魅力の1つ。


設置に関して難しいことは何1つありません。子供、女性でも設置可能です。
ベースポールをしっかりと地中に突き刺し固定するのがポイントです。
また、見た目がとてもカッコよくて焚き火のそばにセットするだけで、キャンパーっぽい雰囲気を醸し出せるのも魅力の1つではないでしょうか。
オプションギアもカッコよくて、使い勝手がいいのも魅力です。

こういった男前ギアは焚き火好きなキャンパーの心をくすぐります。

ファイヤーハンガーの使い方とその例

焚き火台の横に設置して、ダッヂオーブンや焚き火缶を吊したり

贅沢にファイヤーハンガーを2つ使って、焚き火を包囲したりも出来ます。

焚き火台いっぱいのゴチャゴチャしているような状態でも存在感を出せるファイヤーハンガー、絵になります。

自分なりの使い方を見つけて、さらにファイヤーハンガーを楽しみましょう!!

まとめ

使い勝手はもちろんのこと、焚き火好きで雰囲気を大事にしたい方にはオススメです。無骨でありながら、シンプルでかっこいい!!
焚き火周りを充実させて、焚き火台から離れたくない僕にとっては必須ギアです。
男前な焚き火遊びがしたい方はぜひ♪
 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



 - ABOUT CAMP GEAR(キャンプギアについて)