ハイランダーのウッドフレームコットを買ってみました!!

      2017/11/08

最近、何かと話題の『ハイランダー社』から新たに発売された【ハイランダー ウッドフレームコット】を購入してみました。
まるでバイヤーのコットのような佇まいにも関わらず、超低価格のコット。またもや話題になっているようです。
第一弾で発売されたウッドロールトップテーブルは速攻で売り切れ、僕も未だに入手できずにいます。
そんな話題を呼んだウッドシリーズ第二弾の【ウッドフレームコット】をレビューします。

関連記事⇓

Sponsored Link



基本スペック



商品名:『ウッドフレームコット(WOOD FRAME COT)』
メーカー:『ハイランダー(Hilander)』
素材:ブナ(フレーム)、ポリエステル(生地)
サイズ:長197×幅68×高46cm
収納サイズ::長100×幅13×高18cm
重量:11kg
耐荷重:約160kg
付属品:収納袋、保護シート
価格:9980円(込)

収納袋を開けると袋にすっぽりと収まっています。キレイに本体とフレームが収まるサイズです。


脚部分の保護シートも付属してるのは嬉しいですね。

組み立て方

フレームを広げます

まず最初にフレーム部分を組み立てます。
脚部分を写真のように広げます。

そして、本体を持ち上げ左右に広げましょう。

座面の布をフレームに装着する

まずマジックテープの着いていない側の生地にフレームを通し、コット本体部分とフレームをきっちりとはめ込みます。
続いて、マジックテープが付いている側のフレームを先にコット部分とはめ込みます。
フレームを巻きつけるように生地を回し裏面でマジックテープを固定します。


完成!!

組立はたったのこれだけです。
所要時間はわずか1分程度。初めて組み立てるという方でもおそらく3分もあれば組立可能だと思います。

細かい部分は・・・

ロールトップテーブルの販売時には、作りが粗いとかいろいろと物議を醸していた部分もありましたが、
今回は作りは悪くないと思います。
接続金具部分は錆びにくいようにとメッキ加工を採用しているようです。

ロゴもさりげなく今回もばっちりはいっています。(ピンボケすいません)

ローコットとの比較

現在、所有しているローコットと並べてみました。


大きさ、高さともにローコットよりもウッドフレームコットのほうが大きいです。
テントの種類にもよりますが、この2種類のコットを上手に使い分けていく予定です。

長所・短所について

このコット、良いところもあれば改善した方が良いのではないかと思う部分もあります。
それぞれ、長所、短所という見方で見ていきましょう。

長所

・圧倒的コストパフォーマンス
同等品のバイヤーのコット価格の1/4程度の価格

・耐荷重160kg
耐荷重160kgもあるため、他社製コットと比べ強度に優れています。その為、ほとんどの人が使用可能。
・風合い、デザインが◎
ウッド使用の為、ウッドならではの風合いはアルミ製コットにはない良さです。また布が茶色なのもGOOD!

短所

・圧倒的な重さ
とにかく重い。使用している木材がブナ材。強度に優れている代わりに非常に重い。
・座面が少し高い
座面までの高さが約46センチ。テーブルの横にコットを置いたベンチがわりにすると使いづらい。
もう少し、低くてもよかったかな・・・

気になる部分が・・・

購入者のレビューを読んでいると1点気になることがありました。
実は組立時に感じていたことなんですが、やはり他のユーザーさん達も気になっているようです。
それは、コットを平置きした時の中央部分の高さ。
左右と比べると中央部が高くなっています。

販売元のナチュラム様へ問い合わせてみました。
回答は以下の通りです。

ナチュラム です。

この度はご不快の念をおかけし、誠に申し訳ございません。
ご依頼の件について、 恐れ入りますが、
今回ご注文いただきましたような形状の製品は、
真ん中部に負荷がかかることを想定し、
該当箇所の金具がきつくなっております。
上記次第、初回使用時には金具がなじんでおらず、
展開した際、真ん中部が浮いていることがございます。
こちらについては、個体差はあるものの、
製品不具合には該当せず、 ご要望に沿うものをご用意させていただくことができません。 尚、ご使用時、体重がかかった状態でもご使用に違和感がある場合や、 足の浮きが見られる場合は製品不具合である可能性がございますので、 上記に該当する場合は、再度弊社へご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

要約すると、金具部分がまだ馴染んでないからですよと。
使用していくうちに馴染めば中央部の高さも落ち着きますよと。

実際に使用しても違和感は特に感じられることはないので使用上に問題はありません。
購入後、気になっている方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。
不良品ではございません(笑)

まとめ

流行りのウッドフレームコットですが、どのメーカーを探しても税込で1万円以下のモノは無いと思います。
ロールトップテーブルの時の負い目があるのか、作り自体もしっかりしていて全く問題ないように思います。
ただ、ファールドでまだ使用していないのでなんとも言えませんが、部屋のインテリアの一部としても使えると思い購入しました。


部屋の雰囲気にもマッチして気に入ってます。
もう1台購入しようか検討中です!!

関連記事⇓

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




Sponsored Link



 - ABOUT CAMP GEAR(キャンプギアについて)