アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

テンマクの薪ストーブ【アイアンストーブ改】ってどうなの?

2017/04/18
 
薪ストーブ アイアンストーブ
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

アウトドア系専門店、Wild-1(ワイルドワン)のオリジナルブランドTent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)から出ている【IRON-STOVE(アイアンストーブ)】。
実際に使用してみて感じたアイアンストーブの魅力と不満なところ。




IRON-STOVE改(アイアンストーブ改)基本スペック

●高さ:収納時:約120mm 組立時:約470mm
●幅:収納時:約550mm 組立時:約750mm
●奥行き:収納時:約330mm 組立時:約380mm
●煙突径:φ106mm
●重量:約21kg
●本体板厚:天板・底板:2.0mm 側板:1.2mm
●材質:本体:鉄 窓:耐熱ガラス
●付属品:エビ曲り煙突
●価格:¥49,800+税

テンマクのHPより引用

昨年、オリジナルモデルは廃盤となってしまったが、アイアンストーブの5周年記念限定モデルで復刻。オリジナル・復刻版ともに組み立て式薪ストーブとなっている。
記念モデルは限定で側面にガラス窓付。
また、コンパクトサイズの【アイアンストーブちび】が発売され再び注目を集めている薪ストーブ。

関連記事

組み立て式の薪ストーブ、それが最大の特徴です!

今までの簡易的薪ストーブとは違い、なんと組み立て式の薪ストーブという斬新なアイデアを形にしたモデル。
折りたたんで収納した時のサイズは550㎜×330㎜。A-3サイズの用紙を少し大きくしたくらいのサイズになります。
薪ストーブユーザーの悩みの種の積載問題を見事にクリアしたモデルです。

使用してみて感じた長所・短所

テンマクデザインの薪ストーブ、アイアンストーブ。Ken-zが感じた良い部分、不満な部分をぶっちゃけます。

長所(Good point)

1.収納サイズが圧倒的にコンパクト
薪ストーブユーザーの最大の問題である積載問題もこれによりクリア。
折りたたんだサイズがA-3サイズの用紙よりも若干大きいだけ。
最大の特徴が最大の武器のアイアンストーブ。
僕が選んだ最大の理由もここにあります。

2.デザインがかっこいい
個人の好みの話になりますが、角ばっていて武骨なデザインが男心をくすぐります。
また塗装もマッドブラックで重厚感もあり、窓も大きめなところもGood!

3.扉が大きく、薪のサイズを選ばない
薪の投入口が大きく、また本体も大量の薪をストックできるサイズのため、大きく太い薪を投入可能です。
薪のサイズを気にする心配ナシ!

4.調理器具としての機能もGOOD!!
当然のことながら、薪ストーブ本体は熱くなるので、薪ストーブの上で調理が可能です。
それに加えて、投入扉が大きいため、ピザストーンやスキレットを入れることもできます。薪ストーブ料理の幅も広がります。

短所(Bad point)

1.組み立て式のため剛性が低い
高温になる薪ストーブの温度に耐え切れず鉄板がねじれる(歪む)ため、使い込むほど組み立て、分解し辛くなる。

2.燃費が悪い
改良され、ダンパーが標準装備されたモデルになり、空気調整シャッターで空気量を調整できるとは言え、以前使っていたタマゴ型薪ストーブと比べ、燃費が悪く感じます。使用には大量の薪が必要になると思います。
ただ、その分、熱量は高く感じます。

3.収納が大変
順番を守って仕舞わないと仕舞えない。仕舞い方を覚える必要性があるので、取り扱い説明書が手放せない・・・
組み立て式ならではの悩みです。
順番通りに仕舞えばちゃんと収まりますが、手順を間違えると仕舞えません。

こんな方にオススメです!!

薪ストーブキャンプしてみたいけど、積載問題が・・・
と、悩まれてるあなた!!オススメです♫
また、薪ストーブ料理向きのストーブになるので、薪ストーブ料理を楽しみたいという方にもオススメです。
薪ストーブ アイアンストーブ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

Comment

  1. […] tent-Mark DESIGNS iron-stove 改:Ken-z Outdoor Life Blog、ALL SCHNA’S HOME ANEVAY Frontier Stove […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.