アウトドア(Outdoor)、キャンプ(Camp)、カヌー(Canoe)、ソトアソビ、アイテムレビュー(Review)

LEDランタンの進化が止まらない!!凄すぎるランタン【ルーメナー(LUMENA)ランタン】とは??

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

キャンプの夜の必需品と言えば、『ランタン』ですね。
液体燃料系、ガス燃料系、バッテリー式、電池式など様々なタイプのランタンがあります。
その中で、今最も注目されているのがバッテリー式ランタンです。

初心者でも簡単に取り扱え、小さなお子さんがいるファミリーキャンパーにとっても安全で、経済的にも大助かりなバッテリー式ランタン。
そのバッテリー式の中でもLEDランタンは特に注文を浴びています。
以前の記事でも紹介しましたが、これ以上のランタンはもう出てこないだろうと言う出会いをしたLEDランタン【enkeeo mosquito zapper lantern】

関連記事⇓

今回、それを凌ぐ!?もの凄いランタンをようやく入手したので紹介します。

↓ポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Sponsored Link

LEDランタンLUMENA(ルーメナー)とは??

そもそもLUMENAって何??と思われてる方が多数だと思います。
このブランドはクラウドファンディングから日本上陸を果たしたLEDランタンなんです。圧倒的なスペックからなんと目標額の1594%を達成。発売前から超話題になっていたLEDランタン。
もちろん、発売と同時に即完売。
発売から1年以上経過し、ようやく入手する事が出来るようになったそんなランタンです。
(購入からレビューするまでに1年経過していますので、今は店頭にたくさん並んでいます、また新ラインナップも追加され、より注目度があがってきています)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開封前パッケージ

基本スペックは以下の通りです。

商品名:ルーメナー7

サイズ:幅92×奥92×高28mm
重量:220g
明るさ:260〜1300Lm(ルーメン)
素材:ABS樹脂使用
価格:10000円前後
付属品:専用ポーチ(ケース)、ハンガーリング2個、カラビナ2個、マイクロUSBケーブル、防滴カバー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体+ケース+付属品

LEDランタンで驚異の1万円超え、しかしながらそのパフォーマンスからすると1万円以上でも手に入れたいギアである事は間違いありません。

機能面も文句無し!?

このLEDランタンは価格が価格だけにしっかりとした機能も持ち合わせています。
その機能面、特徴を余す事なく紹介していきます。

驚異的な明るさを実現

LEDランタンながら驚異的明るさ1300ルーメンを達成。
数値では分かりにくいと思いますが、とにかくめちゃくちゃ明るいです。

そして、光量調整も可能です。
260〜1300ルーメンの間で調整出来るので、とっても便利です。

光のパターンは3色

今までのランタンには無かった機能、光の色を変更する事が可能です。
パターンは3色。
それぞれの色味は下記の通りです。

昼光色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼光色にて撮影

青みがかった明るい色で細かい部分まで見やすいが、目が疲れやすいのが「昼光色」

昼白色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼白色にて撮影

最も太陽光に近い色であり、人間にとって最も慣れた色なのが「昼白色」

電球色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電球色にて撮影

比較的暗めだが、暖かみがあり、落ち着きのある色で目が疲れにくいのが「電球色」

このように雰囲気に合わせて好きなパターンを選ぶ事が可能になっています。
今までのランタンには無かった画期的な機能を搭載しています。

長時間使用可能です

1300ルーメンの明るさで約8時間、光量調整すれば1回の充電で最大約100時間の継続使用が可能。
長時間点灯しても光量が落ちる事なく、同じ明るさを保ちます。
実際にGWキャンプで3泊してきましたが、途中でバッテリー切れすることなく使うことができました。

またフル充電の電気代は約1円、経済的にもとっても助かります。

バッテリーとしても機能します

10.000mAh高容量のモバイルバッテリーとしても使用可能。iPhone 6sの充電なら、約4回もフル充電できます。
携帯充電器を忘れてしまった時や、充電器を持っていくのが面倒なときにも役に立ってくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPhoneの充電例

ランタンとしてのみならず、バッテリーとしても使用可能。
もちろん、ランタンとして使用しながら、同時に充電を行うことも可能です。
大容量バッテリーの為に、一泊二日程度なら、充電の必要もありません。

吊るしてもOK、置いてもOK

付属品のフックを使えば吊るす事も可能です。

吊るす場合の使用例

また、本体の脚部分を下向きにセットすれば、置いて使うことも可能です。

テーブルライトとしての使用例

付属品も充実してます

専用ケースはもちろんのこと、2種類の専用フックやカラビナも付属します。
専用ケースは高級感もあり、見た目もクールです。

クッション性のある専用ケース

付属品も充実の品揃え

ちょっとくらいの水なら大丈夫です

付属の防滴カバーでUSBの接続部分を覆うことで多少濡れても平気です。
突然の雨で使用できないなんてことはありません。

防滴カバーセットの使用例

カラーバリエーションが豊富です

商品のカラーバリエーションも豊富で 色の中から好きなカラーを選ぶことができますので、サイトの雰囲気に合ったカラーが見つかると思います。
出典:instagram by @lumena_jp

コンパクトかつ軽量です

通常のランタン(ガス式やガソリン式)は収納場所を取ったり、持ち運びに気を使ったりすることが多かったと思います。

LEDランタンでもサイズが大きくて収納が大変なものも多いと思いますが、このランタンは手のひらサイズでさらに約220gと軽量です。

荷物が多くなってしまいがちなキャンプでとても重宝するアイテムの1つになること間違いなし!!

軽量かつコンパクト

使い方もシンプルで簡単です

使い方も至ってシンプル、電源ボタンを押すだけでOK、誰でも簡単に使用可能です。

電源ボタン以外のボタンは無いので、迷うこともありません。

電源ボタン

またバッテリー残量もひと目で確認できます。

青いランプで残量を教えてくれます。

バッテリー残量メモリ

光のパターンを変更したい時は、電源ボタンを長押しすると、パターンが変化しますので、お好みのパターンに簡単に変更可能です。

まとめ

近年のアウトドアシーンでのLEDランタンの進化には目を見張るものがあります。

安全かつコンパクトで軽量、使用方法も簡単でメンテナンスも楽、そして経済的にもほかのランタンを凌ぐLEDランタンはこれからのキャンプシーンでは必需品になると思います。

でも、ガス式やガソリン式の手間がかかるランタンもキャンプならではの魅力があります(笑)

ガス式、ガソリン式、LED式をそれぞれのシーンで使い分けるのが一番BESTですね。

今回紹介したアイテム

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

Comment

  1. pepe より:

    初めまして!
    こちらの電池のヘタリ具合はどんな感じでしょうか?新品時は満充電で**時間点灯が、1or2年使って満充電で**時間になったとか、殆ど劣化なしとかわかりますか?

    • Ken-z0305 より:

      pepe様
      コメントありがとうございます。
      バッテリーのヘタリ具合についてですが、購入してから1年ほど経過していますが、今年のGWに3泊4日のキャンプにいきましたが、充電することなく使うことができました。一概にバッテリーのヘタリについて言えませんが、個人的見解で言えば劣化は少ないのではないかと思っています。
      携帯電話のバッテリーもよく言われますが、バッテリーが十分に減っていないのに充電すると劣化が激しくなる。ということなので、基本的には使い切って充電してあげれば劣化しにくいと思います。
      参考になるかどうかはわかりませんが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2019 All Rights Reserved.