アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

ロッジテント(ロッジ型テント)のススメ!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

テントには色々な種類があり、その形状からそれぞれに特徴があります。
ドーム型テント、ティピー型テント、ロッジ型テント、2ルームテントなど・・・
その中でも、僕が好んで使っているのは【ロッジ型テント】です。
そのロッジテントの魅力を余すことなく伝えます。

Sponsored Link



ロッジ型テントの長所・短所

僕が主に使っているロッジ型テントはOGAWAのミネルバIIIと、リビングシェルターです。

↑ファミリー幕用のミネルバⅢ

↑秋~冬の薪ストキャンプソロ用のリビングシェルター
同じ型ではありますが、リビングシェルターはミネルバIIIよりひと回りサイズが小さいモデルです。
ロッジ型テントは天井の高い大空間を確保でき、季節を問わずオールマイティに使用できます。また、ほかのテントと連結しやすい点も魅力的。
では、ロッジテントの長所と短所についてです。

1人で設営ができる

大型サイズのテントは設営時、2人で立てるのが一般的ですが、このロッジ型テントは1人での設営が可能です。
設営方法もとても簡単で初心者の方でも容易に設営可能です。

設営・撤収が早い

設営方法が簡単なので、設営が早いです。慣れてしまえば15分くらいで設営可能です。
設営が楽という事は、撤収も楽です。
設営・撤収にはコツがありますが、その方法についても後程解説します。

オールシーズン対応型テント

側面のフラップは、全開、全閉、メッシュとアレンジが効くので、春夏秋冬の季節を問わずに、また天候・風の強さに応じて、柔軟に使用することができます。

薪ストーブをインストールしやすい

様々なテントの形がある中で、最も薪ストーブをインストールするのに向いているテントと言えます。

テントの連結が可能

ロッジテントは色々な形のテントと連結することが可能です。
ドームテント、ロッジ型テントはもちろんティピー型や2ルームテントとの連結も可能です。

広いサイトでないと張れない

2ルームテント同様大型テントになるため、狭いサイトでは張ることが難しいです。最低10×10m程度の広さがほしいです。
キャンプ場選び、サイト選びが必要となるテントです。

とにかく重たい

ロッジテントは別名【てっこつ】と呼ばれています。その名の通り、フレームが鉄製で重たいです。幕体とフレームで30kg以上あるので、運搬が非常に大変です。

価格が高い

ロッジテントの代名詞的メーカーのキャンパルジャパンが出しているロッジ型テントで一番手ごろ価格のもので約10万円、高価なモデルになると30万円以上のものもあります。
ただ、古い幕体であればオークション等で格安で売られています。
ただし、古い幕体は防水(撥水)面が気になるところです・・・

ロッジ型テントの設営・撤収方法

ロッジ型テントはサイズの割に1人でも楽に設営・撤収が可能です。
では、実際にどのように設営・撤収するのかを実践してみました。
設営の手順

ロッジテントの屋根の部分のポールを並べる

屋根部分の骨組みを繋ぐ

脚部分をつなげる(脚は半分の長さで!!)

幕体を被せる

脚部分を伸ばして完成!


とにかく簡単で早いのがロッジテントのいいところです。
構造も単純なので、手順もとても簡単です。
撤収手順

脚部分の高さを半分にする

幕体を畳みます。片側を中央へ畳みます

反対側も中央へ畳みます

さらにもう一度ずつ中央へ畳みます


幕体をそのまま丸めます

あとは設営時の反対の作業




幕体もテントの上で1人で畳むことができます。
この畳む作業は、4人以上用テントの場合、1人で行うのはかなり大変です。
そういった意味でもこのロッジテントがいかに撤収が楽かご理解いただけると思います。

ロッジ型テントの様々なレイアウト

薪ストーブインStyle


薪ストーブがインストールしやすい、そして薪ストーブが似合います。

お座敷Style


広さを有効に使えます。
ちなみに、ミネルバ(ロッジシェルター)の有効面積にちょうどぴったりなのが
スノーピークのリビシェル用リビングシートです。

お座敷+薪ストーブインStyle


幕内ポカポカでゴロゴロできるスタイルです、まるで自宅にいるかのよう。

スクリーンタープStyle


夏は、全面メッシュor解放することにより風通りもよく快適です。

ロッジテントはTPOによって変幻自在に形を変えることのできるテントです。

まとめ

僕の愛用するロッジ型テント。
その魅力について、どう感じていますか?
自分のキャンプスタイルにマッチしたテント選びが大切になってきますが、
ロッジ型テントは変幻自在で、とても魅力的では!?
あなたのテント選びの1つにロッジ型テントが候補になってくれれば嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

Comment

  1. こんにちは(^^)

    ロッジ型テントを検討していましたので、ためになりました。
    特に撤収方法まで説明があるサイトは少ないんじゃないかと。
    ヤフオクで古い幕を狙っていまして、参考にさせて頂きます!

    • Ken-z0305 より:

      みーこパパ様

      コメントありがとうございます。
      ロッジ型テントを検討されているということで、
      当BLOGが少しでもお役に立てたとしたら幸いです。

      古い幕を狙っておられるということですが、
      古い幕は加水分解がすすんでいる可能性があるので、お気を付けください。
      加水分解が進行した幕は結構厄介です。
      匂いがきつく、防水性もほぼゼロに近いです。
      ナチュブロのほうの僕のブログに一応、加水分解対策も
      のせてありますので、もし参考になるようでしたらご覧くださいm(__)m

      僕の持っているロッジ型テント2幕も加水分解が進んだ状態で手に入れたので、
      なかなか苦労しました。
      でも、そのぶんだけ愛着が沸いていて、手放すことができません(笑)

      素敵な幕との出会いがあるといいですね。
      そして、いつか一緒にロッジテントを並べたいですね。

      もし、ロッジ型テントで何かご質問等有ればいつでもどうぞ♪
      僕のわかる範囲でお答えしまーす♪

      • 心強いお言葉、ありがとうございます!

        ちょうど今狙っている幕も、加水分解でベタベタのようです。
        ナチュログの過去記事拝見しました。
        もし落札できましたら、重曹とポロンTで頑張ります(^^)

        それよりも、こちらのブログとはキャラが全く違いますね!
        詳しく書きませんが、笑わせて頂きました!

        他の記事もゆっくり読ませて頂きます(^^)

        • Ken-z0305 より:

          みーこパパ様

          再びのコメントありがとうございます。
          加水分解、やっかいですが頑張って綺麗にしてあげましょう♪
          一緒にお風呂に入れちゃうくらいの愛着があればきっと大丈夫ですよ(笑)
          こちらでも再度、加水分解~幕体復活への道を書こうかと思います。

          キャラ!?
          僕はいたって真面目な人間ですよ(笑)
          あの頃の自分が懐かしいです・・・(>_<)

  2. ひきちゃん より:

    はじめまして!
    ミネルバの脚ポール事で1つお聞きしたいのですがロッジシェルターⅡみたいな3段折りなのでしょうか?
    畳み方の説明わかりやすくて実践しようと思います。

    • Ken-z0305 より:

      ひきちゃん様

      コメントありがとうございます。
      すっかりBLOGを放置気味で気づかず申し訳ありませんでした。
      当BLOGをお読みいただいて少しでもキャンプの役に立っているのであれば幸いです。

      僕の使用しているミネルバⅢはロッジシェルター同様にポールは3段折になっています。
      ただ、ほかのモデルのミネルバが同様かどうかはわかりません、すいません^_^;

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.