アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

焚き火に強いタープ【ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version】

2017/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

そのシルエットのカッコ良さ、TC生地(コットン&ポリエステル混紡)を採用することで焚き火にも強く人気を博したTent-Mark Designs(テンマク)の【ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version】の商品レビュー。




Tent-Mark Designsとは?

テンマクデザインと読みます。アウトドア専門店の「Wild-1」のオリジナルブランド。テンマクとは「天幕(テント)」のことを指します。
「野営こそアウトドアの真髄」をコンセプトに立ち上げられました。
日本の気候やキャンプスタイルに合わせて開発を進め、キャンパーのリアルな意見を取り入れ製品化し、商品を世に送り出しているブランド。
また様々な著名人とのコラボ商品も展開し、人気を集めています。

Tent-Mark Designsのギア【アイアンストーブ改のレビューはこちら】

ムササビウイング13ft.TC“焚き火”versionスペック

●素材:ポリエステル×コットン混紡
(表面撥水処理)
●サイズ(約):390×380/240(幅)cm
●重量(約):本体/1,900g、総重量/2,150g
●付属品:収納袋、張綱/φ4mm×4.5m×1本、φ4mm×3.5m×3本、φ4mm×1.5m×2本

ムササビウィングのGood PointとBad Point

Good Point

1.タープ下でたき火が可能
キャンプと言えば、焚き火。という方たくさん居ると思います、僕もその1人。どんな状況でも焚き火は外せない。例え雨が降っていても。そんな天候が悪い時でも、このタープなら焚き火可能です。ポリコットン素材で火の粉にも強いので、タープ下での焚き火も可能です。

2.シルエットがカッコイイ
ムササビタープの魅力の1つがシルエットです。シワ無くピンと張れば曲線美がとても綺麗です。このシルエットにやられる人も多いのでは??

3.遮光性が高い
ポリコットンは生地が分厚いため、しっかりとした陰を作ってくれます。夏場の強い日差しの中でも、しっかりと陰を作れます。夏場にも使えるタープです。

Bad Point

1.コットン混紡生地なので重たい
生地の性質になりますが、通常のテントの生地と比べ、分厚く非常に重たいです。生地が分厚い分、同等サイズのタープに比べコンパクトさに欠けます。
2.乾燥し辛い
コットンの性質上、水を含むと糸が膨張することにより防水性が高まる仕組みになっています。染みるようなことがあっても漏れるようなことはほぼありませんが、他の生地と比べるとそのような状態から完全乾燥させるのはかなりの時間がかかります。雨天時は覚悟が必要です。しっかりと乾燥させないとカビることもあるので注意しましょう!!
3.汚れが取れ辛い
一度汚れが染みてしまうと、拭いても取り除くことが難しいです。泥跳ね等には気をつけて使用する必要があります。

様々な張り方の一例

このムササビウィングですが、メーカーが推奨するポールの長さが特に決まっていません。裏を返せば自由な張り方をしてくださいという意味を持っているのではないかと個人的に考えています。その為、いろいろな張り方のバリエーションがあります。ムササビユーザーの方も、様々な工夫を凝らした張り方をされています。




まとめ

使う人によって様々なスタイルを提供してくれるだけではなく、美しいシルエット、快適な遮光性を兼ね備えた小型タープ、それがムササビタープです。
その時々のシュチュエーションに合った張り方を見つけて遊べるタープ、1枚は持っておきたいですね。

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.