現在の所有タープの紹介

      2017/06/01

2017年5月現在、僕の所有するタープは全部で4枚。
それぞれを簡単に紹介するとともに、
新たに購入を検討しているタープについてもかんがえてみました。

Sponsored Link



OGAWAのUTILITY TARP18(ユーティリティタープ18 )

【OGAWA UTILITY TARP18】
重量:約7.7kg
素材:幕体 ポリエステル250d(耐水圧1,500mm)
   ポール スチール22φ・19φ(mm) (240cm×2本、180cm×4本)
サイズ:500×350cm

出典:RETURNS TO NATURE
主にファミリーキャンプ用に使用している大型レクタタープ。
500×350cmという家族4人でも十分なサイズで、影も割と濃いのでファミリーキャンプでとても重宝しています。
コットン素材の大型レクタタープを現在、購入検討中です。

tent-Mark DesignsのMusasabi Wing Tarp(ムササビウィングタープ)

【tent-Mark Designs Musasabi Wing Tarp】
重量:約7.7kg
素材:幕体 ポリエステル250d(耐水圧1,500mm)
   ポール スチール22φ・19φ(mm) (240cm×2本、180cm×4本)
サイズ:500×350cm
主に夏場のソロキャンプやデュオキャンプで使用するタープ。
コットン素材の為、濃い影を提供してくれるので、日差しの強い夏場に大活躍します。
シルエットもかっこよくてとても写真映えするところもお気に入りのポイントです。

関連記事⇓


また、コットン素材は火の粉に強いため、タープ下でたき火をしたい時などにも活躍してくれます。

Locus GearのTarp X Duo Sil(タープXデュオシル)

【Locus Gear Tarp X Duo Sil】
重量:約470g
素材:幕体 シルナイロン
サイズ:290×290cm

現在所有するLocus Gearのテントと一緒に使用することが多いタープ。

関連記事⇓

重量470gと超軽量なタープで、素材がシルナイロン。
生地の伸びがよく、綺麗にピンと張れた時のシルエットは最高です。

Granite GearのWhite Lightning Tarp(ホワイトライトニングタープ) Tarp

【Granite Gear White Lightning Tarp】
重量:約600g
素材:幕体 シルナイロン
サイズ:300×300cm

昔、所有していた小型ロッジテントのカラーに合わせて購入したタープ。
面白いツートンカラーでありながら、超軽量なタープ。


出典:RETURNS TO NATURE
小型ロッジを手放してしまったため、現在全く出番のないタープ。
売却を検討中です。

まとめ

現在、大型レクタを1枚、コットン中型タープを1幕、超軽量タープを2枚を所持しています。
今後、ファミリーキャンプでもソロキャンプでも使用できる大型レクタタープのコットン素材のモノを1枚購入しようと検討しています。
コットンは遮光性が高く、火の粉にも強いためタープ下での焚き火が可能です。
直射日光が照りつける場所や雨の日など、悪条件化でも活躍してくれそうなコットンタープ。
自分の所持するテントと同様に、しっかりと考えてBESTな1枚を購入しようと思います。

関連記事⇓

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング






Sponsored Link



 - ABOUT CAMP GEAR(キャンプギアについて)