アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

スノーピークのペグハンマーの半額!?コスパ最高のパグハンマーはコレだ!!

2017/07/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

テントの設営や撤収などに欠かせないアイテム【ペグハンマー】
プラスティック製のモノからアルミ製のモノや
銅製のモノまで様々な種類があります。
SNOW PEAK(スノーピーク)の【ペグハンマーPro.C】は
ペグハンマーの中でも、最高峰だと思います。
そのハンマーにも負けず劣らずのモノが低価格で存在するのをご存知ですか?
今回は、そんなコスパ最高のペグハンマーを紹介します。

Sponsored Link



謎のハンマー【V&W 鋳造 ペグハンマー】の詳細


SNOW PEAK(スノーピーク)の【ペグハンマーPro.C】に
そっくりなこのペグハンマーは
【V&W 鋳造 ペグハンマー】という名称で売られています。

ハンマーサイズ:30cm x 12cm x 3.5cm、重量:約580g、
ヘッド素材:銅。

鋳造ペグ、ソリッドステーク、エリッゼステーク、
その他メーカーペグでも形状が合えば
ハンマーのヘッド後部のホールはペグのフック状ヘッドへ引っ掛けることで
かんたんに硬い地面から引きぬくことができます。

他メーカーと比較してみました

SNOW PEAK(スノーピーク)の【ペグハンマーPro.C】と
ELLISSE(エリッゼ)の【村の鍛冶屋ペグハンマー】と
3点で比較してみました。

商品名スノーピーク ペグハンマーPro.Cエリッゼ 村の鍛冶屋ペグハンマーV&W 鋳造 ペグハンマー(収納袋付) 
サイズ35×120×290mm35×102×303mm35x 115 x 300mm
素材ヘッド/銅
柄/ケヤキ
ヘッド/l黄銅
柄/樫の木
ヘッド/黄銅
柄/不明(記載なし)
重量約670g約550g約580g
Amazon価格¥6696¥5616¥2380

表からもお分かりの通り、各メーカーのそれぞれには大差ナシ。
コスパ面を考えると【V&W 鋳造 ペグハンマー】が
いかに優れているかがわかります。

各部の作りはこちら

全体像

ヘッド部分


フック状のペグ抜きもとても機能的

専用のエスニック調収納袋はペグの収納も可能です。

入手方法

Amazon(アマゾン)にて販売されておりますので、検索窓に
【V&W 鋳造 ペグハンマー】と入力し検索してください。

ヘッド部分がスチールヘッドのモノと銅のモノがあります。
オススメは銅、スチールヘッドはヘッド交換ができません。
ヘッドが痛んでも交換可能な銅製のタイプを選びましょう!!

まとめ

スノーピークの【ペグハンマーPro.C】が欲しいけど、
高くて購入するのに躊躇していた方にはオススメです。
各機能面に大差がなく、価格差が倍以上違います。
実際に使っている僕からしても、スノーピークとコレと
差がわかりません。
価格を抑えて、良い商品をGETしてくださいね。

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング






Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

Comment

  1. ペグハン より:

    交換用のヘッドは売ってないのに交換出来るのを進めるとかいいの?何のヘッドと交換できるの?

    • Ken-z0305 より:

      ペグハン様
      交換用ヘッドは確かに交換用としては売っていませんが、商品のセールスポイントとして書かれているので記載させていただきました。
      ご気分を害されたのであれば申し訳ございません。
      記載するにあたりこちら側でメーカーに確認すべきだったのかもしれません、申し訳ございませんでした。
      これは推測ですが、スノーピークの銅製ヘッドとサイズが同じなので交換ができるのかもしれません。
      ただ、これに関しては試したこともなかったため、あくまで推測だったために情報としては記載しておりません。

      今回のご意見を受け止め、今後のBLOG記事以降、読者様に誤解を招くようなあいまいな表現をなくしていくよう努力していきます。
      貴重なご意見ありがとうございました。
      今後とも、当BLOGをよろしくお願いいたします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.