アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

SOTO フィールドホッパーと限定ケースをレビュー!!

2018/01/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

ソロキャンプ用に新たに購入した折りたたみテーブルと専用ケース。
先日のキャンプにて早速使ってきました。
今回はそんなNEWギアの『フィールドホッパー』と『限定専用ケース』をレビューします!!

Sponsored Link



フィールドホッパー ST−630基本スペック

●商品名:SOTO フィールドホッパーST-630
●サイズ:使用時 幅297×奥行210×高さ78mm
収納時 幅297×奥行110×高さ19mm
●重量:395g
●耐荷重:3㎏
●材質:天板 アルミニウム
スタンド:ステンレス
●カラー:シルバー、ブラウン、ゴールド、ブルー、ブラック
●付属品:専用袋

ワンタッチアクションテーブルで超コンパクトなテーブルです。
ソロキャンプ用やファミリーキャンプのサブテーブルとして活躍してくれます。
今回、SOTOのシェラカップが一緒に付いてきました。
カラーはオリジナルのシルバーの他に、限定カラーのブラウン、ゴールド、ブルー。
そして、ナチュラム限定のブラック。僕は、ブラックを購入しました。
(※すでにブラックは販売期間終了のようです・・・)

フィールドホッパーテーブル詳細

専用のケースがついてきます。巾着袋状になっています。
折りたたんでちょうど入るサイズになっています。

展開したサイズはほぼA-4サイズ。

折りたたむとサイズはA-4サイズの半分になります。

脚部分、このギミックが秀逸で天板を畳むと脚部分も自動的に収納されます。
その為、組み立てのみならず、片付けもワンアクションで可能です。

限定のクッションカバーがオススメです!

オリジナルの付属袋ももちろんGoodなんですが、個人的にオススメなのが、『限定クッションカバー』

表面がポリエステル素材、裏面がアルミ蒸着フィルム素材となっており、広げると座布団としても使用できます。
ポリエステルは柔らかく暖かい、そしてアルミ蒸着フィルムはしっかりと断熱してくれます。



もちろんフィールドホッパーにピッタリのサイジングで、テーブルをしっかりと収納&保護してくれます。



画像引用元:新富士バーナーHP
こちらのギアは数量限定となっていますので、欲しいと思った方は買ったほうがいいと思います。
売り切れてしまったら、終了のようです。

実際につかってみて・・・

先日、フィールドにて実際に使用してみました。

Good point

●ソロキャンプにぴったり●

サイズ、重量、手軽さの3拍子が揃っているテーブルの為、ソロキャンプにはピッタリかと思います。
●コンパクトさがほんとに助かります●

とにかく折りたたむとA-4サイズの半分程度のサイズになります。
ソロキャンプでとにかく荷物をコンパクトにしたい人にはもってこいのテーブルだと思います。

Bad point

●高さ的には・・・●

個人的には地べたスタイル派なので、高さもちょうど良いのですが、
ローチェア使用の場合、少し低く感じられるかもしれません。
その為、その場合はサブテーブルとして考えたほうがいいかもしれません。
●熱いモノには気を付けたほうがいいかもしれません●

天板の素材がアルミニウムのため、高温にはあまり強くないかと思います。
今回、少し熱のあるフライパンを置いてみた感じでは大丈夫でしたが、
ダッヂオーブンなどの鋳物系は置かないほうか無難かと思います。
また、天板が熱を受け、高温になる可能性もありますので、注意が必要です。
●脚部分が細いので・・・●
脚部分が細く、接地面が少ない為、凹凸のある地面、砂地などの柔らかい地面には不向きです。
その為、傾斜の少ない平坦で硬い地面での使用をオススメします。

まとめ

新たに購入した『SOTO Field Hopper ST-630』と『SOTO Cushion Cover for Field Hopper』
ともにソロで使用するにはとても重宝できるギアとなりました。
よりコンパクトにスマートなキャンプスタイルを目指して、さらに新しいギアを買いそろえようと思います(笑)
他にも購入したギアがあるので、また後日レビューしたいと思います。

関連記事⇓

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2018 All Rights Reserved.