アウトドア(Outdoor)、キャンプ(Camp)、カヌー(Canoe)、ソトアソビ、アイテムレビュー(Review)

笑’s B-6君を徹底レビュー!!ソロに最適な秀逸ギアでした♪

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

小さく畳める焚き火台はソロキャンパーのマストアイテム。

ソロキャンパーにはありがたい、B-6サイズに折りたため収納できるコンパクトな焚き火台(グリル)のB6君を紹介します。

 

↓ポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Sponsored Link



コンパクト焚き火グリル『B-6君』とは??

ソロキャンプ用の焚き火台兼、BBQグリルのことでコンパクトに折りたたんだサイズがB-6サイズから『B-6君』と名づけられました。

名前の通り、B-6サイズのケースに収納できるのが最大のウリ。

B-6サイズのケースに収納

コンパクトで軽量な為、ソロキャンプにはぴったりの焚き火台、オプションパーツも豊富で焚き火台としてのみならず、グリルとしての役割りも持ち合わせている秀逸なギアです。

購入理由

最近はソロキャンプばかりなので、ギアはなるべくコンパクトにしたいという考えになってきています。

ギアの持ち運びをなるべく少なくし、設営や撤収などにも時間をかけず、のんびりとした時間を過ごすキャンプスタイルに変化してきました。

現在、持っている焚き火台はスノーピークの焚き火台Sの模造品ww

ソロでやるにはちと大きい・・・そして、片付けも面倒・・・

また、コンパクトな焚き火台と言えばバーゴの焚き火台もありますが、こちらはネイチャーストーブなので普段のソロキャンプでの使用は・・・

関連記事⇓

ということで、コンパクトに収納でき場所も取らず、片付けも簡単で、グリルとしても使用可能なB-6君を購入することとなりました。

 

『B-6君』スペック&概要

◆収納サイズ: 約181mm×122mm×18mm
◆組立サイズ: 約215mm×122mm×165mm
◆重量   : 約500g
◆材料   : 0.6mm厚ステンレス・リベット
◆静止耐荷重: 10kg
※火床の深さ: 約7cm

付属品も充実

B-6君は付属のオプションパーツが充実しており、それらを一緒に使用することでさらに用途の幅が広がります。

・グリルプレート

BBQグリルプレート、B-6君本体の上部に乗せて使用します。

黒皮鉄板の為、シーズニングしてからの使用が必須。

黒皮鉄板製グリルプレート

◆材料 :2.3mm厚 黒皮鉄板
◆重量 :約460g

◆価格 :756円(込)

・ハードロストル

付属のノーマルなロストルは薄手で変形しやすいです。長時間の使用や、大量の薪を突っ込む方にはこちらの黒皮鉄板製のハードロストルがオススメです。

黒皮鉄板製ロストル

◆材料 :1.6mm厚 黒皮鉄板
◆重量 :約160g

◆価格 :864円(込)

・ステンレスメッシュ燗グリル

水またはお湯を張ると、お酒や缶コーヒー等を湯せんで温める事が出来ます。

日本酒を熱燗で飲みたいという方にとっては必須アイテムです。

ステンレスメッシュ燗グリル

◆材料 :0.8mm厚ステンレス (sus304‐2B)
◆重量 :約220g(ステンレスカップ含む)
      ※ カップサイズ約80mm×H80mm

◆価格 :2700円(込)

グリルプレートのシーズニングについて

付属品のグリルプレートはシーズニングしてから使用することをオススメします。

シーズニングの方法は以下の通りです。

とても簡単なので、購入後はシーズニングを行いましょう。

1.新品のグリルプレートを洗剤でしっかりと洗う

2.グリルプレートを色が変化するまで空焼きする

3.食用油(オリーブオイル)を塗り冷まし、シーズニング完了

 

『B-6君』商品レビュー

実際に使用してみた感想をレビューします。

使ってみて感じたこと、

組み立て方、仕舞い方

組み立て方ですが、構造自体が簡単なため、素早く組み立てることが可能です。

もちろん、初めての方でも組み立てることは可能です。

仕舞い方に関しては、仕舞う向きや順番さえわかってしまえば、こちらも簡単に出来てしまいます。

組み立て動画

B-6君の組み立て方、仕舞い方を動画にて紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

耐久性・変形について

1泊2日で約10時間程度使用してみましたが、やはり純正でついてくるロストルは変形(若干のゆがみが発生)してしまいました。

笑’sさんのHPでも説明がありますが、ロストルは消耗品のため仕方がないと思います。

が、別売りされているハードロストルは純正品よりも分厚い作り+黒皮鉄板素材の為、消耗しにくいと思いますので、そちらの購入をオススメします。

左 ハードロストル
右 純正ロストル

別の1泊2日のキャンプで同様に約10時間程度使用したものを純正品と並べて比べてみました。

左 ハードロストル
右 純正ロストル

ハードロストルには歪みが見られません。純正ロストルには目に見えて歪んでいるのがわかります。

ロストル自体の厚みもあるのですが、やはり黒皮鉄板素材のハードロストルはガンガン使えそうです。

また、B-6君本体自体はとくに変形も見られませんでした。

使えば使うほどステンレス独特の焼き色が付き、ギアに味がでてきます。

焼き色がGood

使用例

焚き火台としても良し◎

焚き火台使用例

別売りのプレートを載せて、グリルとして使うも良し◎

BBQグリル使用例

また、別売りのメッシュ燗グリルを載せて、熱燗を楽しむも良し◎

熱燗使用例

『B-6君』のメリット・デメリット

メリット

・コンパクトで軽量

最大の特徴でもあり、一番の購入理由でもある『コンパクト』さ。

実際にキャンプに連れて行きましたが、やはりコンパクトさというのはとても大事だなと再認識させてくれるギアです。

ソロキャンプにもちょうど良いサイズなので、重宝できるギアだと思います。

B-6サイズのケースに収納

・1台2役以上の働き

焚き火台のみならずBBQグリルとして、またコーヒーや日本酒などを湯せんして温めることのできるギアとしていろいろな用途で使えるのはギアをなるべく少なくしたいソロキャンパーには最適と言えます。

焚き火台使用例

BBQグリル使用例

熱燗使用例

 

・雰囲気がGood

ステンレスの削りだし部分から覗く焚き火はとても雰囲気がいいです。

特に夜の焚き火シーンではとてもいい雰囲気をかもし出してくれます。

ロゴ越しの焚き火

デメリット

・薪のサイズを選ぶ

市販で売っている薪はまず入りません。短く小割りした薪が必要な為、薪を割る作業など手間、時間がかかります。

そういったことが苦手な方や嫌いな方には向かないギアです。

薪を使用すると調理に不向きになります。

調理する際には、炭の使用が必須になるのではないかと個人的には感じました。

炭を利用して調理

・掃除が行き届かない場所がある

折りたたみ式という構造上、分解できない箇所の隅はどうしても掃除が行き届きません。

ギアを綺麗に使いたい方には少し難があるかもしれません。

僕はガシガシ使っていくタイプなので全く気にならないのですが、長期間使っていくとなると、そういった部分に汚れがたまりそうです。

隅の汚れは落としにくい

・窓の開閉がスムーズにいかない

笑’sのマークが入っている窓の開閉がスムーズにいきません。

焚き火台を押さえながらの開閉になる為、火傷の恐れがありますので開閉の際には気をつける必要があります。

が、実際は窓を閉じるようなことは無く、ずっと開けたままの状態での使用がほとんどだと思います。

ただ、スムーズに開閉しないという点ではデメリットです。

正面の窓

開閉しづらい

・専用五徳がぐらつく

焚き火台上部に専用五徳を取り付けることが可能ですが、FIT感が無く、五徳がグラグラしてしまいます。

重たいものを乗せれば安定しますが、軽いものなどの場合不安定なので使用するのが怖かったです。

五徳が斜めで不安定

これに関しては対策があります。

専用五徳を2枚重ねて取り付けるとガタツキもなくなりしっかりとFITします。

2枚重ねで安定感UP

別売りで五徳(安価です)も売っていますので、五徳を安定した状態で使いたいという方は購入したほうがいいかもしれません。

また、FIT感がないので五徳自体がポロッと外れてどこかに逝ってしまったなんてこともありそうです。

そのためにも、2枚重ねがいいような気がします。

メンテナンスについて

焚き火台、グリルとして使用するので、どうしても他のギアと比べると汚れます。煤や油などがこびりついてしまいます。そんな時でも、ガシガシ洗っても問題ありません。洗剤を使ってごしごし洗いましょう。ステンレス製品なので、スポンジやたわしでごしごし洗っても問題ありません。

ただ金属製のたわしなどはステンレスがキズ付いてしまう恐れがありますので、あまりオススメしません。

また、本体が熱を持っている状態で水をかけたりして温度を急に低下させるようなことは避けましょう。ステンレスの変形や劣化につながります。

しっかりと冷ました状態にしてから洗剤・たわしを使ってゴシゴシと洗ってあげましょう!!

ソロキャンプ動画

実際にソロキャンプで使用しています。よろしければそちらの動画もどうぞ

まとめ

こじんまりとソロキャンプでしっぽり楽しみたい方にはオススメな焚き火台(焚き火グリル)です。

焼き鳥をアテに熱燗で一杯・・・そんな粋な焚き火台です。

秋~冬にかけて活躍すること間違いなしです!!

今回紹介したアイテム

笑’s 『B-6君』

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




Sponsored Link



 

この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2019 All Rights Reserved.