アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

個人的に大注目なブランド!!【The Free Spirits TENT(自由之魂)】

2017/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

2017年4月8(土)・9日(日)に京王フローラルガーデン アンジェで開催された「Off the Grid」にて個人的に気になっていた中国製ブランド【The Free Spirits Tent(自由乃魂)】。
気になる、そのブランドについて調べてみました。

Sponsored Link



Off the Gridとは??

「Off the Grid」とは、日本において新たな波を生み出しているメーカーたちによる大規模のアウトドア展示会のこと。
一般参加も可能で、その場で買い物ができるということもあり、アウトドアファンにはたまらないイベント。ガレージブランドも数多く出店しており、人気ブランドには朝から長蛇の列が出来るほどの人気ぶりです。
また、話題のブランドや今後話題になりそうなブランドも数多く出店しており、注目度の高いイベントです。
キャッチフレーズは「アウトドア・スタイルの新しいデザインを提案する」

画像出典元:Off the Grid

The Free Spirits TENT(自由之魂)とは??

王吉剛氏というデザイナーが2011年に立ち上げた中国製のブランド。
Locus Gear同様、シルエットがとても美しく、ピンと張ったときの流線型の美しさ(曲線美)はなんとも言えません。
テントのその曲線美に目がない僕にとって、ローカスギア同様、萌えな感覚を抱きました。

関連記事⇓

曲線は雨が流れるように設計されており、耐水性も強く雨の日や気候の変わりやすい登山キャンプにも◎。
また、軽量化にもこだわりが見られ、1kg以下のモノもあります。
インスタグラムにいろいろと商品が掲載されているので気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

購入方法は??

ヒルバーグやローカスギアのテントを思わせるようなデザインのテントもラインナップされている【The Free Spirits Tent(自由乃魂)】。
日本にはまだ実店舗での販売はしていません。購入方法に関しては今後フェイスブックにてオーダー、製造を行うそうです。
欲しくなった僕は、さっそく問い合わせをしてみました。
画像のテント【Enran Pro Tent 2017】について問い合わせをしてみました。



画像出典元:TFS Tents 自由之魂フェイスブック
販売価格は2017年4月17日時点で、本体価格(テントフライ、インナーテント、ポール、ペグ、スタッフサック全て含む)2680香港ドル、フットプリント250香港ドル、送料(EMS)200香港ドル。支払はPaypalのみ。
ざっくり、送料込で50000円でおつりが来ます。安い・・・でも、こう言うことをいってはいけないかもしれないですが、中国製・・・。
保障はどうなんでしょうか??
気になったので、それも問い合わせてみました。
保障に関しては中国側への送料の自己負担でいつでも対応してくれるとのことです。
まだ国内で使っている方がいるのかどうかもわからない状態なので、良し悪しが分からないですが、そういった部分も含め、とても魅力を感じています。
購入方法は現段階では、インスタグラムへの直接問い合わせにて、価格等の詳細を送ってくれます。
ちなみに・・・このテント、インスタグラムではGreenとRedとWhiteがPostされているのですが、販売しているカラーはRedのみ・・・
オーダーで作れないか問い合わせたところ・・・無理だそうです(>_<) Greenがほしかった僕は、妥協してRedを買おうか検討中です。

まとめ

個人的に注目の【The Free Spirits TENT(自由之魂)】、使っている方や実際に「Off the Grid」にて現物を見た方、ぜひ感想、ご意見をいただきたいです。
購入に踏み切るには情報が少なく、欲しいカラーもないのですが、曲線美・サイズ感、インナーテント、フットプリント付でこの価格ならアリなんじゃないかと思っています。
 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

Comment

  1. 丹生 より:

    初めまして、TFSのドーム型テント、STAR 2と言うテントを2年ぐらい使用しいます。テント使用歴あんまりないから、参考にならないかもしれませんが、個人的には品質は非常にいいと思います。ポールはyunan、DAC製を使用しています。自分も直接王さんを通して購入しました。アフタの対応は王さんに直接連絡が取れるので、丁寧に対応してくれます。

    • Ken-z0305 より:

      丹生様

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      TFSのテントをお持ちなんですね、情報ありがとうございます。
      まだ国内でも10名ほどしか使用者がいない王さんから伺いました。
      その中の一人の方からコメント頂き、うれしく思います、ありがとうございます。

      僕も購入を検討しています。
      欲しいカラーがなかったので、未だに悩んでいるのが現状です(笑)

      また使用者が少なく正直不安な部分もありましたが、ユーザーさんからの
      ご意見を聞いてより気持ちが前向きになりました、ありがとうございます。

      夏までには手に入れたいなと思っておりますので、
      購入したらまらBLOGにてレポートしたいと思っています。

      その際はぜひ、またBLOGを覗いてやってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.