アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

トランギアのソロ用ケトル0.6リットル(TR-325)レビュー

2017/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

Trangia(トランギア)のソロ用ケトル、0.6リットルを購入!!そのケトルの詳細や使用感をレビュー!!




トランギア ケトル0.6リットルのスペック

メーカー:Trangia(トランギア)
商品名:ケトル0.6ℓ(TR-325)
価格:¥2,300(税抜)
重量:140g
サイズ:φ13.5×H7.5cm
素材:アルミ製(無垢)
出典元:Trangia

ケトル0.6リットルの魅力

わずか内容量0.6リットル分しか入れることのできないケトルですが、0.6リットルあればカップ麺も作れますし、コーヒーも2杯は飲めます。
考えうる限り小さくした作りに思えます。
また、アルミ製のため、ガシガシ使うことが可能です!!

では、各パーツの特徴を見てみましょう。

注ぎ口が楕円形をしていて、お湯を注ぎやすい。
他メーカーのケトルはほとんどが丸型の注ぎ口のため、この楕円形はとても使いやすく魅力的です。

取っ手(持ち手)部分がワンタッチで固定できる。
持ち手部分の根本に凹みがあり、その部分にロックすることができるため、
持ち手が固定できます。

持ち手に取り外し可能なゴム製のカバーがついている。

また開口部分が大きく、これが非常に使いやすい。

そして、底面も面積が広く、安定するのと同時に熱伝導が早く、お湯がすぐに沸きます。

こんな使い方もできます

アルミ製ケトルで持ち手部分のゴムが外せるということで、たき火にぶち込むワイルドな使い方が可能です。


また、開口が広い為、ウォーマーとして使うこともできるので、チロリをいれて熱燗なんかも出来ます。
日本酒好きにはたまらないですね。

まとめ

ソロで使うのには充分なサイズのケトル、トランギア(trangia)のケトル0.6リットル。コンパクトでシンプルなだけでなく、ハードに使え、機能面も充分です。似たようなサイズのケトルが各メーカーが出てますが、注ぎ口の形、たき火にぶち込めるという2点が購入の最大の要因となりました。
トランギアのケトル0.6リットル、オススメです♪

トランギア関連記事⇓

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.