タークフライパン、一生モノの鉄フライパンを頂きました!!

   

いつも僕のことを気にかけている先輩キャンパーさんから、この夏に大きな買い物をした僕に、お祝いにと言うことで頂いたドイツ製の鉄フライパンの【Turk(ターク)】。
ホントに有難く思います、この場をお借りしてお礼申し上げます、ありがとうございます。
一生使えるフライパンと言われるこのフライパン。
子供の代だけでなく孫の代まで使えるように大事に使っていきたいと思います。
そのタークフライパンの扱い方やメンテナンス方法などをレビューします。

↓ポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Sponsored Link



タークフライパンとは?

1857年にドイツ人のアルバート=カール・タークにより創業。
鉄の塊(銑鉄)を真っ赤に熱し、何度も叩いて成型する製法で、つなぎ目のない一体型というのが最大の特徴です。そのため適切な手入れをすれば半永久的に使うことできます。
キャンパーは皆「ターク、ターク」と言いますが
このフライパンの正式名称は『ターク クラシックフライパン』と言います。
サイズも1号〜8号まであるため、好みのサイズが見つかると思います。

タークフライパンの特徴とは??

先述の通り、つなぎ目の無い一体型フライパン。


熟練された職人による手作りの為、1つ1つ微妙にサイズが違うのも特徴の様です。
言い換えれば、世界に1つだけのモノとなりますね。
また熱まわりがよく蓄熱性に優れているため、
食材の持ち味を十分に引き出しながらじっくりと安定した調理が可能です。
そして、使い込めば使い込むほどに味が出るフライパンでもあります。

使用する前にまず・・・

タークは購入後、すぐに使用することは出来ません。
ダッヂオーブンなどの鋳物製品同様、焼き慣らし(シーズニング)が必要となります。
ここでは、その手入れ方法を順を追って説明していきます。
●用意するもの●

ターククラシックフライパン、スポンジ、洗剤、キッチンペーパー、オリーブオイル、クズ野菜、塩、
1.タークを洗剤を使って洗います


購入直後のタークの表面には、錆止め剤が塗ってあります。
そのため、洗剤とたわし(スポンジ)を使って錆止め剤を綺麗に落とします。
綺麗にゆすぎ、水分をふき取ります。
2.フライパンにたっぷりの油(オリーブオイル)を馴染ませ、火にかけクズ野菜と塩を入れ炒めます

木べらなどでゆっくりとフライパンのうちまで油を馴染ませます。
塩はおおさじ1程度です。
3.そのまま弱火で野菜が茶色くなるまで炒めます

弱火でじっくり10分ほどかけて木べらで混ぜるように油をフライパンに馴染ませていきます。
4.火を止めてくず野菜を取り除き、水で洗い流します

水で洗い流し、ペーパータオルで水気を拭き取り、フライパンを火にかけ、水気を飛ばし、
オリーブオイルを薄く塗れば焼き慣らし(シーズニング)終了です!

タークの手入れ方法、注意点

主な注意点は以下の通りです
・錆の原因になるので、調理したものをフライパンの中に入れたままにしないように
・漂白剤や塩素系洗剤は絶対に使用しない
・長時間の浸け置き荒いはしないように
・食洗機は使用しないようにしてください
・蓄熱性が優れているため、使用後のやけどには注意しましょう

また、手入れは以下のようにしましょう
・使用後はすぐに汚れを落とし、水分を十分にとばしてください
・汚れ、水分を飛ばしたら内側、外側共にオリーブオイルを薄く塗ってください
・頑固な汚れ焦げは熱湯を注ぎ、
・保管は錆や腐食を防ぐため、湿気の多い場所での保管はしないようにしましょう

ターククラシックフライパンのシーズニング動画

シーズニングのやり方を動画に撮ってみました。
参考までにどうぞ♪

まとめ

一生モノのフライパンはキャンプだけでなく、もちろんご家庭でも使用することが可能です。
肉料理は特に旨みを閉じ込め、ジューシーに焼くことが出来ます。
また、長く使うことにより、より油馴染みが良くなるとも言われています。
使い込みながら育てていくフライパンと言えます。
大事に使っていきたいと思います。

持ち手部分が少し熱くなることがあるため、僕は持ち手部分をすこしカスタムしました。

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




Sponsored Link



 - ABOUT CAMP GEAR(キャンプギアについて)