薪ストーブキャンプを始めようと考えている方必見!!

   

薪ストーブ アイアンストーブ

10月に入り、すっかり朝晩は冷え込むようになりました。
いよいよキャンプの本格的シーズンの到来です♪
秋・冬キャンプはしっかりとした防寒対策が必要になりますが、
防寒対策をしっかりとすればとても快適で楽しいキャンプが可能です。
僕の秋・冬のキャンプスタイルは【薪ストーブ】キャンプがメインです。

今年、【薪ストーブキャンプ】をやってみたいと思っている方には
ぜひ読んで頂きたい記事です。

薪ストーブの種類や設置方法など調べて準備されている方も多数いらっしゃると思いますが、薪ストーブキャンプで使える便利な周辺ギアを紹介します。

関連記事⇓

Sponsored Link



薪ばさみ


薪ストーブを利用する上で必ずする作業と言えば、ストーブ内の薪の管理。
薪ストーブ内の薪の位置を移動させたり、薪の向きを変えたりと、必ず必要になってきます。
薪ストーブキャンプだけでなく、焚き火にも無くてはならないギアです。しっかりと薪を掴むことのできる薪ばさみを用意しましょう。

関連記事⇓

ファイヤーブラスター


薪ストーブ内の薪の燃焼を管理するのはとても難しいです。薪ストーブ内に空気を送り込む空気穴(ダンパー)の調整は薪ストーブを何年も使っている僕も未だに習得出来ていません。
そんな時に役に立つのがファイヤーブラスター。
人為的に空気を送り込むことによって火力の調整が可能です。
薪ストーブだけではなく、焚き火の必須アイテムでもあります。

焚き火用グローブ


こちらも焚き火や薪ストーブを使う上での必須アイテム。
火傷防止はもちろんのこと、手が汚れる事も防いでくれます。
軍手を使う方もいますが、しっかりと耐熱タイプのグローブ(手袋)が良いでしょう。
個人的にオススメなのが、コストコに売っているレザーグローブ。
僕も使っていますが、安くて作りもしっかりしていて、柔らかいのが特徴です。

ハンドアックス(手斧)


薪を小割りにしたり、焚き付け用の薪を作るのに利用したりと便利な道具です。
手斧は薪ストーブや焚き火には必ず必要となるギアです。
僕は現在、ハスクバーナというブランドの手斧を使っています。
斧にはものすごく安いモノから高いモノまでピンキリです。
安すぎる手斧はすぐに柄の部分が折れてしまったり、歯が欠けてしまったりといいことがありません。
少し値段が張りますが、良いモノを選ぶと後悔が少ないと思います。

ガーデンアックス(薪割り用斧)


薪ストーブキャンプには大量の薪を使用します。そしてその薪は毎回キャンプ場などで購入していると、シーズン終了までに膨大な金額を薪に費やすことになります。
僕は薪の原料となる丸太を無料で入手して、シーズンオフに薪割りをしています。

長い目で薪ストーブキャンプを楽しむためには、必ず必要になるギアです。
薪ストーブで使用する薪に関してですが、現場なんかでよく使われる廃材は針葉樹と呼ばれるモノが多く、薪ストーブキャンプには向いていません。
広葉樹と呼ばれる種類の薪を使用するようにしましょう。

関連記事⇓

薪入れ袋

薪ストーブキャンプでは大量の薪を使います。
その為、薪をしっかりと整理して保管しておく必要があります。
見た目的にも薪入れ袋があったほうが片付いて見えますし、オシャレに見えると思います。
また、薪を地面に置くことによって薪が湿気を含んでしまうことを防ぐ役割も担っています。
僕は、内側が濡れたりしないような加工のしてあるモノを使っています。
薪を入れておく専用の袋は用意しておいたほうがいいでしょう。

まとめ

薪ストーブキャンプを楽しむために欠かせないギアの紹介をしました。
これらのギアも薪ストーブキャンプを始めたいと思っている方はぜひ揃えてください。
快適でより楽しい秋・冬キャンプ(薪ストーブキャンプ)を楽しめること間違いナシです!!

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング






Sponsored Link



 - ABOUT CAMP GEAR(キャンプギアについて)