アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

【キャンプレポ】2/25~2/26 パップテントで直火キャンプ

2017/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

何かとバタバタしてしまい、キャンプに行けなかった2月。
でも、そろそろリフレッシュしなければ充電が切れてしまうということで、土曜日の仕事終わり、無理やり行ってきました、最近、お気に入りの某所へ。。。
翌日は朝から用事があるため、早朝撤収というハードスケジュールでしたが・・・




今回は久々にパップテントにしました。
その理由としては、翌日早朝撤収の為、設営・撤収が簡単なこと、
そして焚き火(直火)をするので、火に強い幕ということでコットン素材のパップテントとなったわけです。

関連記事⇓

焚き火の灯りとオイルランタンの灯りのみ、最小限の灯りのなか、のんびりと焚き火を楽しみます。
やっぱり焚き火は最高です。直火なので地熱でさらに暖かい♪

翌朝が早い為、もっと焚き火を楽しみたかったのですが就寝。
面倒だったので寝る時も、パップテントはOPENのまま・・・
ダウンシュラフとシュラフカバーのおかげで全く寒くなかった。

早朝起床、天気最高!!

焚き火開始と同時に朝食を作ります。

そして、朝食の写真を撮り忘れます・・・
何せ、撤収時間が迫ってきてますから(笑)

関連記事⇓

関連記事⇓

それでも、コーヒーはゆっくりと♪

関連記事⇓

短時間でしたが、久々に焚き火に燻されてリフレッシュできました。
3月はスノーボードキャンプ行きたい!!

今回の使用ギア

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.