アウトドア(Outdoor)、キャンプ(Camp)、カヌー(Canoe)、ソトアソビ、アイテムレビュー(Review)

【キャンプ飯】焚き火で作る簡単本格的カルボナーラ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

アウトドアクッキング(キャンプ飯)は簡単で旨いが一番!!

今回は、パスタ界の王道『カルボナーラ』を焚き火のみで作ります。

お手軽な材料でとっても簡単で美味しい本格的カルボナーラ、ぜひ試してみてください。

↓ポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Sponsored Link



準備する食材(1人分)

・パスタ(平打ち麺だとよりいっそうGood) 約100g

・ベーコン お好みの量

・卵(全卵) 1個

・チーズ 約20g(スライスチーズの場合は1枚でOK)

・オリーブオイル 適量

・にんにく(チューブでも乾燥にんにくでもOK) 適量

・塩 適量

・胡椒 適量

・パセリ お好みで

カルボナーラと言えば、生クリームとか牛乳が必要だと思われがちですが、キャンプに生クリームとか牛乳とか持っていくのってなかなかハードル高いですよね・・・

ということで、今回は生クリーム・牛乳は一切使用しません。

使うのはチーズです。チーズは粉チーズでもスライスチーズでも普通のチーズでもOK。ごくごく少量で済むので食材も嵩張りません。(粉チーズが一番BESTです)

また、お好みで玉ネギを入れてあげても美味しくなると思います。

簡単カルボナーラの作り方

アウトドアレシピで作るカルボナーラはこちらです↓

パスタを茹でる

お湯を沸かし、沸騰した鍋に塩を適量入れパスタを投入

パスタは表記時間通りに茹でます

フライパンでベーコンをじっくりと炒める

フライパンを火にかけオリーブオイルを敷き、にんにくを入れオイルに香り付けし、にんにくが狐色になってきたらベーコンを入れカリカリになるまでじっくりと炒める

Point!! 弱火でじっくりと炒める

ベーコンがカリカリになったら一旦、フライパンを火から外す

Point!! ここで一旦フライパンを冷ますことが大事です

別容器でカルボナーラソースを作る

別容器に卵を割りいれ、チーズ、胡椒を入れよくかき混ぜます

茹であがったパスタを軽く炒める

パスタが茹であがったらフライパンを再び火にかけ、フライパンにパスタを投入

パスタとオリーブオイルを馴染ませるようにかき混ぜます

ここが一番大事!! このときフライパンが熱くなりすぎないように注意

(卵に火が入ってしまうとボソボソになりソースが固まって不味くなります)

カルボナーラソースと絡める

フライパンを火から離し、別容器で用意したカルボナーラソースと絡める

余熱でチーズを溶かしつつ、しっかりとソースとパスタを混ぜ合わせる

仕上げ

盛り付けをして、最後に胡椒・パセリをふりかけ完成

カルボナーラを作る動画

動画でカルボナーラを作っています。

文章で伝えるのは難しい部分もありますので、動画を参考にして頂ければと思います。

動画を見て頂いて良かったと思った方、高評価して頂けると嬉しいです。

また、キャンプの様子やアウトドアクッキングを中心とした動画を今後UPしていく予定ですので、チャンネル登録もして頂けたら嬉しいです。

まとめ

本場イタリアでは生クリーム、牛乳を使ったカルボナーラはあまりないそうです。

日本人好みに改良されたものによく生クリームや牛乳が使われているそうです。

チーズのみでも十分濃厚で美味しいカルボナーラが作れます。

そして、なにより簡単に作れちゃいます。

今回は焚き火で作る焚き火料理として紹介しましたが、もちろんガスバーナー等を利用して料理することも可能です。

キャンプ飯としてのみならず、ぜひご自宅でも実践してみてください。

関連記事⇓

メスティンを使った簡単キャンプ飯 その①

メスティンで簡単キャンプ飯その②

今回登場したアイテム

動画内で使用していたのは焚き火缶のSサイズです

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング




Sponsored Link



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2019 All Rights Reserved.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss