アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

秋はキャンプのベストシーズン!!秋キャンプの楽しみ方と注意点!!

2017/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

夏の暑さもひと段落し、気温もだいぶ落ち着き、日の入りが早くなり夜長になる。
焚き火がとても心地よくなる、そんなキャンプにベストシーズンな秋。
1年のうちでもっとも快適にキャンプができるシーズンと言っても
過言ではありません。
ベストシーズンの秋キャンプの楽しみ方、注意点について書いてみました。
ぜひ、これからの季節のキャンプの楽しみ方の参考にしてみてください。

Sponsored Link



秋キャンプがベストシーズンな理由とは??

涼しくって、天候も安定!

夏のギラギラとした暑さの中、フィールドで飲むキンキンに冷えたお酒もおいしいですが、
強烈な日差しを浴びているだけで疲れちゃいますよね。
さらに熱中症で倒れるなんて最悪の事態も起こりかねないのが真夏のキャンプ。
秋キャンプなら日差しは和らぎ、暑さもひと段落。安心してキャンプが楽しめます。
また8~9月は台風が発生しやすく天候が崩れがちですが、
本格的な秋になると天候も落ち着いてくるというのもおすすめポイント。

血を吸う虫が少ない!

大半の時間を外で過ごすキャンプに虫はつきもの。
とくに蚊やブヨなどかゆみや痛みを伴う虫はイヤですよね。
秋になればそんな虫もぐっと少なくなります。
一生懸命防虫対策を行ったり、スクリーンタープの中で過ごさなくてもOK。
オープンタープで開放感を味わっちゃいましょう!

関連記事⇓

混雑していないから、のんびり過ごせる!

1年で最もキャンプ場が混雑する時期は、夏休みとゴールデンウィーク。
とくにお盆休みは大勢の人がキャンプ場に。
しかし夏を過ぎれば一気にキャンプ場が空きます。
サイトの窮屈感や共同施設の大混雑という悩みも無し!
広々、ゆったりとしたサイト作りができ、快適にキャンプを楽しめます。
仲間とのキャンプもゆったり広々と楽しめます。
また、人気キャンプ場の予約も取りやすくなりますし、価格もピーク価格よりも安くなります。
この時期に人気キャンプ場に出かけてみるのもいいと思います。

秋キャンプの楽しみ方

「秋」といえば、何をイメージしますか??
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋など・・・
様々なことがイメージできますよね。とても過ごしやすい季節という裏返し。
こと、キャンプに関しても同じです。

秋はとてもキャンプが過ごしやすく、楽しい季節。
そんな秋キャンプ、コレを楽しんじゃいましょう♫

焚き火を楽しもう!!

キャンプの楽しみと言えば、焚き火。
このゆらゆらとした炎を眺めていると自然と心が落ち着きます。
不思議なことに、いつまででもその場にいられるのです。
これこそが本当に”癒される”ということなのだと感じることでしょう。
ヒーリング効果があると言われる焚き火。
家族みんなで焚き火を囲んで、癒やされちゃいましょう♫

秋の味覚を楽しもう!!

ダッチオーブンは、「焼く・煮る・炊く・燻す・炒める・揚げる・蒸す」
すべてを1台で完結させられる魔法のような鍋で!
キャンプ料理の定番カレーや本格的なキャンプ飯に挑戦してみましょう!
スキレットを使ってアヒージョを作ってみるという手もあります。
じつはかなり簡単で、食材を入れるだけで絶品料理になるんです。
秋は、食材が美味しい季節。秋キャンプはぜひ、料理も楽しんじゃいましょう。

季節の移り変わりを楽しもう!!

季節の移り変わりを肌で感じたいところですよね。
多くのキャンプ場の側には紅葉スポットが広がる低山が存在しています。
簡単に訪れることができるスポットは、どこも多くの観光客が押し寄せるもの。
ゆったりとした時間の中で、キャンプ場近くを散策して秋を探してみては??

秋キャンプの注意点

防寒対策はしっかりと!

日中はそこまで感じないかもしれませんが、朝晩はかなり冷え込みます。
晩秋になると日中も肌寒いので、防寒対策はしっかりとしておきましょう。
長袖の服は必須です!
就寝時の防寒対策もお忘れなく。
晩秋は気温に合ったシュラフをチョイスし、地面からの冷気を防ぐためにマットを重ね、
湯たんぽや毛布で保温力を高めるなどの対策をしておきましょう。

日暮れに備えて準備を!

秋は日が暮れ始めたら暗くなるのがあっという間。
ランタンがあるとはいえ、その明かりでサイトのセッティングや調理を行うのは一苦労です。
慌てないためにも、明るいうちに諸々の準備をしておきましょう。
早く準備をしておけば、秋の夜長をたっぷり楽しめますよ。

焚き火の火の粉に気をつけよう!

秋キャンプは焚き火でほっこり温まるのが心地よい!
けれど化繊のウェアやチェアは火の粉で簡単に穴があいてしまいます。
コットン素材のブランケットを羽織ったり、
チェアに掛けるなどして火の粉対策をしておきましょう。

まとめ

焚き火、料理、季節の移り変わりなどを満喫できる秋キャンプ。
気候も快適で過ごしやすいこの季節、キャンプベストシーズンを快適に楽しみましょう♫

関連記事⇓


夏キャンプはこうして楽しもう!! - Ken-z Outdoor Life Blog

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング






Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.