スマートな撤収の為のコツとは??

      2017/04/18

キャンプで最も時間のかかる作業、それは『設営』と『撤収』。
特に、チェックアウト時間の決まっている撤収作業は慣れないとバタバタしてしまいます。朝はのんびり朝食を食べて、スマートに撤収したいですよね。
バタバタとはもうサヨナラ、撤収のコツを教えます!!

Sponsored Link



撤収は前日の夜から始まります

前日までにやっておきたいことは、テント内の整理。翌日、使わないものはまとめておくこと。散らかった荷物なども整理してから寝るようにしましょう。
片付けに手間のかかるダッチオーブンやBBQグリルは、翌朝使わないようにして、前日に洗って片付けておくのがBESTです。

朝食にもひと工夫しましょう

撤収のタイミングはだいたいが朝食の後です。朝食にも工夫をして撤収に悪影響を与えないメニューにしましょう。
具体的には、温めるだけで食べられるメニューや、簡単に作れるメニューがいいでしょう。
オススメはホットサンドやホットドッグなど。前日の残りモノを具にすれば良いので、食べ残しがなくなります。調理器具もほとんど必要ありません。
また、片手で食べられるメニューなので、お皿の代わりにキッチンペーパーなどで代用すれば洗い物も減ります。
極力、洗い物を出さないメニューを朝食に選ぶのがスムーズな撤収をする為のコツです。

効率の良い撤収の流れ

朝食の後、撤収を開始しますが、撤収の順番にも気をつけましょう!!
スマートな撤収には段取りと順番がとても大切になります。
1.シュラフ、マットなどを乾燥させる
まずは寝床から片付けていきます。シュラフやマットは乾燥させる必要があるので、木にロープを引っかけるなどして天日干ししましょう。
2.リビングの小物の整理及び撤収
リビング、もしくはタープ下にブルーシートを広げます。
そして、テーブルの上の小物をしまい、テーブルを畳みます。テーブルを畳まずに撤収作業を進めると、テーブルの上に荷物を乗せていくことが多く、片付ける際に2度手間になるからです。この時に、調理器具なども片付けましょう。
片付けたアイテムはブルーシートの上にまとめていきます。リビングの撤収を終わらせましょう。
3.テント内の荷物をタープ下に移動させる
テント内にある小物を全て出し、テントを空っぽの状態にしましょう。
4.テントの乾燥
テント内を空にしたら、テントの撤収を始めます。テントのアウター&ボトムは濡れていることが多いのでしっかりと乾燥させましょう。
(雨天時は大きなビニール袋に入れて持ち帰り、後日乾燥させます)
5.車への積み込みをします
テントの撤収が終わったら、テーブル、チェアなどの大きめの道具から積み込みを始めます。この時点でリビングの撤収が終了です。タープ下の荷物は車へ積み込みましょう。
6.シュラフ&マットの収納
乾燥させていたシュラフ&マットを畳んで丸めて車へ積み込みます。
7.テントの撤収
乾燥させていたテントもこの頃には乾いていると思います。しっかりと乾燥させたテントを収納し、車へ積み込みましょう。
8.タープの撤収
最後にタープの撤収を行います。タープは最後まで立てておくのがミソです。タープの撤収および車への積み込みが終われば撤収完了!!
9.忘れ物チェック及びゴミ拾い
撤収が終わって最後にゴミが落ちていないかのチェックをしましょう!!また同時に、忘れ物がないか?のチェックも行いましょう。ペグやロープは忘れやすいので注意しましょう!!

まとめ

段取りと順番をしっかりと考えて行動するとバタバタせずにスマートに撤収することができます。必ずしも上記の方法がBESTではありません。
ご自身の片付けやすい方法があれば、それが一番です。が、撤収がどうもうまくいかない・・・なんて方は参考にしてみてください。
撤収は、家族の仕事の分担や協力によってよりスムーズになると思います。
撤収も家族で楽しみながらスマートにできるようになりたいですね。

関連記事⇓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



 - FIRST CAMP(初めてのキャンプ)