アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

雨キャンプの楽しみ方、遊び方とは??

2017/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

雨でもキャンプは楽しめる??
雨が降るとキャンプをキャンセルする方はたくさんいると思います。
が、しかし
雨でもキャンプは楽しめます!!
晴天の青空の下、楽しむキャンプもあれば、雨の中でも楽しむキャンプもあります。
今回は、雨キャンプの楽しみ方、遊び方を紹介します。

Sponsored Link



雨キャンプを快適に過ごすための装備

雨キャンプは通常のキャンプとは違い、通常のキャンプギアにプラスしてレインウェア、レインブーツが必要になります。
そこでオススメのレインウェアを紹介します。
低価格で防水性・透湿性・伸縮性を兼ね備えた、全天候型アウトドアウエアがこちら

画像出典元:ワークマン
【ワークマン 透湿レインスーツ STRETCH】
耐水圧:10,000mm、透湿度:5,000g/㎡でなんと4900円という破格のレインウェア。
僕も釣りで使用していますが、はっきり言ってめちゃめちゃ快適です。
有名メーカーだとこのスペックだと、ジャケット2~3万円、パンツも1~2万円程度します。
それが、上下でたったの4900円、ワークマンへ急ぎましょう(笑)

さらにオススメなレインブーツはこちら

画像出典元:RETURNS TO NATURE
【日本野鳥の会 レインブーツ】
折り畳み可能で、靴底が柔らかくて歩きやすく、手を使わなくてもブーツが脱げるという優れたレインブーツです。
カラーバリエーションも豊富で見た目もかわいらしくて女性の方に特にオススメです。

しっかりとした雨対策をして雨キャンプを楽しみましょう♪

雨キャンプの楽しみ方その1

雨キャンプ、どうしてもテント内に籠りきりになってしまいます。
そのテント内で楽しむためのGOODSがカードゲームやボードゲームです。
画像出典元:UNO公式HP

画像出典元:タカラトミー
普段、やらないトランプやUNO、人生ゲームなど結構盛り上がります。
負けたら罰ゲームなどのルールを設ければさらに盛り上がること間違いナシ!!

雨キャンプの楽しみ方その2

雨の中でもやはりキャンプっぽいこともしたいですよね。
そんな時にオススメなのが【焚き火】です。
今、流行のコットン生地のタープがあれば雨でもタープ下での焚き火が可能です。
雨が降ると少し気温も下がり、たき火するには心地よい気候です。
焚き火には人の心をいやす効果があると言われています。
たき火をみんなで囲んで、日頃の疲れを取り除きましょう♪

コットン素材にポリエステル素材を組み合わせたポリコットンは水に強い素材の為オススメです。
コットンには湿気や水を含むと、膨張して空気を通さないという特徴があり、防水性が高くなるんです。
「撤収後になるべく早く乾かす」というメンテナンスができるかどうか、ということも考慮に入れることが必要ですが、コットン素材はオススメです。

まとめ

雨キャンプ、しっかりとした装備と遊び道具があれば、楽しむことが可能です。
雨の日のキャンプ場は空いています。
普段以上にのんびりとした時間を過ごすことのできる雨キャンプ、個人的には好きです。
ただ、設営、撤収がとても大変で撤収後も別の日にテントを乾かしたりなどのメンテナンスが必要になってきます。
初心者の方には少そハードルが高いとは思いますが、しっかりとした準備、撤収後のメンテナンスさえできれば大丈夫!!
雨の日のキャンプもぜひ楽しめるようになってください♪


夏キャンプはこうして楽しもう!! - Ken-z Outdoor Life Blog
 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング






Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.