春バスを求めて♪入間川水系40UPも!?(4月23日)

      2017/05/01

気温も20度を超える日も出てきた春のど真ん中の4月下旬。
荒川水系、入間川水系の水温も安定して15度以上。
そろそろBIGスモールマウスバスが狙えるのじゃないかと思い行ってきました、入間川水系。

場所は昨年開拓したシークレットスポット。
小さな堰のようなところです。

まだ、鮎の遡上が始まっておらずスモールマウスバスも激しい流れにはあまり入っていないかもしれない。
(スモールマウスバスは鮎の遡上に合わせて激しい流れの中へ遡上すると言われています)

ただ、体力のあるBIGスモールはひと足先に遡上しているのでは!?
と言う、自分勝手な理由をつけて流れ込み(堰)までやってきました。

早朝、魚にプレッシャーがかかる前にBIGスモールを釣りたかったのですが、
一本目に上がってきたのは、32cmのスモール。

5キャスト目にHit、早朝から期待が高まります。
前日に降った冷たい雨の影響で、魚体は冷えてました。
予想通り、魚の動きはゆっくり。

使用したルアーは『レイドジャパン(Raid Japan)』のストレート系ワーム【ウィップクローラー(WHIPCRAWLER)4.9インチ】、
カラーはシナモン
リグはネコリグ(シンカー1.3g)

魚の動きに合わせてスローに誘います。
すると、BIGバイト!!

つよい流れの影響もあり、バイトリールが巻けないほど。
期待が高まります♫

が・・・

50cmオーバーの腹パンのネコ(ナマズ)・・・
(ナマズは英語でキャットフィッシュと呼ばれる為、皮肉を込めてネコと呼ばれます)

その後も続けてウィップクローラーで攻め続けます。

すると、サイズUPの37cmをキャッチ。
体色も黒く、このエリアに居着いていたバスのようです。

となると、やはり予想通り40UPのBIGスモールも必ず居る!!
確信と共に、狙い続けます。

40cmを超えるスモールマウスバスはとにかく頭と目が良いという印象を持っています。
(個人的な視点)

その為、いかに自然なアプローチが出来るかがキーとなります。

流れの上からルアーを落とし込み、流れに任せてルアーを流します。

すると、ラインが流れとは逆の方向に走ります。
ロッドに重みが乗っていることを確認してからフルフッキング、
この瞬間がたまりません♫

思いっきりロッドに重みが乗り、リールが巻けません。
間違いなく40UPを確信!!

水中で魚影を確認、デカい、太い、黒い!!
途中でジャンプされたり、流れの中に逃げられたりしましたが、
無事にランディング成功!!
44cm、体高もあり真っ黒なベストコンディションの魚でした♪


この1本で満足したので、釣行終了。

次はGW前半の休日にまたもや40UP狙いで行くつもりです。

使用タックル


ベイト
ロッド:シマノ エクスプライド 164L-BFS
リール:シマノ アルデバランBFS
ライン:フロロカーボン10lb

スピニング
ロッド:シマノ エクスプライド264UL
リール:シマノ ツインパワー2500S
ライン:フロロカーボン3lb

ヒットルアー&リグ

レイドジャパン(Raid Japan)
ウィップクローラー4.9インチ(WHIPCRAWLER) シナモン

ネコリグ(シンカー1.3g)
ノガレス ネコリグオフセット#1

2017年トータル釣果(年間目標50本)

4本(うち40UP2本)
ラージマウスバス 1本
スモールマウスバス 3本

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング






Sponsored Link



 - BASS FISHING(バスフィッシング)