アウトドア、キャンプ、カヌー、ソトアソビ、フィッシング、アイテムレビュー

話題のキャンプスタイル【ブッシュクラフト】とは??

2017/04/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

今、キャンプのスタイルの中でも話題を集め注目され始めているニュースタンダード【ブッシュクラフト】キャンプ。
オシャレキャンプ、グランピングと言ったタイプのキャンプとは明らかに違うスタイルのキャンプが注目を集めている理由とは??
【ブッシュクラフト】の魅力について迫ってみました。

Sponsored Link



【ブッシュクラフト】とは??

ブッシュクラフト(英語:Bushcraft)とは、森林等の自然環境の中における『生活の知恵』の総称であり、その行為や技術をそう呼ぶ。 相対的な区別として、サバイバルは『帰還』を目的とし、ブッシュクラフトは『生活』を目的としている。ブッシュクラフトで実際に生活している人や、趣味としている人、生業にしている人等、継続してブッシュクラフトを行っている人を、ブッシュクラフターと呼ぶ。

出典元:Wikipedia

昔の人々が生活していく上で身に付けてきた先人達の知恵ともいうべき【ブッシュクラフト】、その知恵を利用してキャンプを楽しむというスタイルが今、注目を集め始めています。

なぜ【ブッシュクラフト】が注目されているのか?

今、世の中は空前のキャンプブームです。昔から、地震や災害が増えるとキャンプ人口が増えると言われていたのですが、それに加え近代化が進み、自然と触れ合うことが少なくなってきた今、本来のあるべき姿を見直そうという風潮もありブームが起きています。
今では、オシャレキャンプやグランピングなど従来のキャンプの枠を超えたスタイルのキャンプがブームになっています。
そんな中、【ブッシュクラフト】はまさにキャンプの本来あるべき姿。その原始的とも言われる『生活の知恵』を利用してのキャンプが一部のコアなキャンパーによって広められ注目を浴び始めたと言えます。

【ブッシュクラフト】に欠かせないギア

ブッシュクラフトキャンプには欠かせないギアがあります。まず最初にコレを用意してブッシュクラフトにチャレンジしましょうというギア、ブッシュクラフトキャンプをするために必需品のギアを紹介します。

ファイヤースターター

火起こしはブッシュクラフトの基本。ブッシュクラフターはマッチやライターを使わずに火を起こします。
ファイヤースターターと呼ばれる道具を使い、火をおこします。このファイヤースターターを使った火起こしが出来れば、ブッシュクラフターの第一歩を踏み出したと言えます。

出典元:楽天市場

ナイフ

ナイフ無しではブッシュクラフトは成り立ちません。それほど重要なギアになります。ブッシュクラフト上級者になると用途によって数種類のナイフを使い別けるようになります。1本は必ず持つようにしましょう。

ハンドアックス

俗にいう手斧と呼ばれるモノ。薪割りだけでなく木の加工に適した道具。そのコンパクトさから片手でも両手でも使える優れもの。
藪漕ぎをしたりする場面もあるかもしれません、手斧は欠かせないギアの1つです。

シェルター

テントではなく、シェルターと呼ばれるモノを使います。雨風を凌ぐための最低限のモノですがとても考えられた作りをしており、つなぎ合わせて使うことによりテントのような空間を形成することができるモノがあります。パップテントと呼ばれるものだったり、ポンチョテント呼ばれたりするものがそれに属します。

関連記事⇓

他にも、バックパックやグローブ、クッカーなどいろいろありますが、まず上記のギアから始めてみるのをオススメします。

これぞ【ブッシュクラフト】な実例

ブッシュクラフトキャンプでブッシュクラフターが主に実践している実例をここではいくつかとりあげてみましょう。

フェザースティック

ブッシュクラフトはナイフの使い方、火おこしが基本となります。そのナイフワークと火おこしの両方ともの基本となるのがこのフェザースティックです。より薄く、より細く、より長いものを作れるようになれば一人前です。僕はまだまだ半人前・・・
フェザースティックはファイアースターターで火を起こすための火種として活躍します。

リフレクター

ファイアーリフレクターと呼ばれ、熱反射壁のことである。風防の役割だけでなく、熱効率をあげる働きがあります。外気からの風を遮断すると同時に反射を利用して熱を効率よく取り込むことができます。

ポットハンガー

リフレクターをくみ上げる時に一緒につくることが多い高さ調整ができるポットハンガー。高さを上下にすることにより、熱の伝わりの強弱をつけることが可能。その名前の通り、ポットでお湯を沸かすために考えられたものである。

まとめ

究極のアウトドア【ブッシュクラフト】は、先人たちの生活の知恵として伝わった物で、サバイバルとは違います。
いきなりハードなブッシュクラフトな世界に入るのではなく、火起こしなどの簡単なことからチャレンジし、その雰囲気を味わってみてください。
いつの間にかどっぷりとその世界の魅力にハマっていくことでしょう!!

ブッシュクラフト入門オススメギア

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -
アウトドア(そとあそび)大好き人間。 愛知県のド田舎生まれ、仕事の関係で東京に出てきました。 現在は埼玉県南部在住。 都内の職場へ毎日、電車通勤しています。 小さいころから自然の中で育ったことからアウトドア(そとあそび)が大好き。 とにかく身体を動かすことが大好きで 20代の頃はスノーボードにハマってしまい、 4年程、冬は新潟県湯沢町に住んでいました。 今は、焚き火にハマっています。 なんとも言えない心地よさ、病みつきです(笑) 自称『少年の心を持つおっさん』 そして、人並みにHな漢です。 2012年9月、ファミリーキャンプデビューしました。 1年を通してキャンプを楽しんでおります。 月に1度はキャンプをしています。 また、夏はカヌーやバスフィッシング 冬にはもちろんスノーボードもします。 他にもいろいろなことに興味があります。 最近はカメラや山登りにも興味が・・・ 子供が大きくなり、一緒にキャンプに行く機会が激減・・・ 今は、ファミリーキャンプは年間に2回ほどに(泣) ソロキャンパーに転向しつつあります。。。 アウトドアを通じて、たくさんの方と 同じ趣味を共有出来たらと思っています。 自分のキャンプレポのほか、ギアのレポートや 個人的に感じたことなどを書こうと思っています。 何かの参考になれば幸いです。 こんな僕ですが、よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ken-z Outdoor Life Blog , 2017 All Rights Reserved.