アラジンストーブ38型のメンテナンス 再生への道①~分解~

      2017/04/18

我が家は【薪ストーブ】と【アラジンストーブ】【ニッセンストーブ】の3台を所有しております。
その【アラジン】ですが、購入した時はほぼジャンクに近い状態でした・・・
そんな【アラジン】をメンテナンスしてあげることにしました。
ただ、【アラジンストーブ】はネットで検索しても詳しくオーバーホールの方法が出てきませんでした。
今後、【アラジンストーブ】を購入し、再生しようと思われている方のためになればと思います。

Sponsored Link



目次1

今回、メンテナンスするアラジンの型式は【アラジン38型 デラックスタイプ】です。
通常のアラジンストーブはマイカ(炎が見える小窓のこと)が1つだけですが、デラックスタイプはマイカが前後にあります。
なんとかブルーフレームがマイカから覗けましたが、全体的にくたびれておりました。


完全再生に向けてバラしてそれぞれのパーツを磨くことにしました。
実はこのアラジンストーブというのは構造が非常に簡単に出来ております。
その為、僕のようなド素人であっても安心してオーバーホールすることができます。
ただ、詳しい再生方法がネット等でFUTUREされていませんので、参考にさればコレ幸いです!!
では、まず分解していきましょう。
まずは天板を外します。
するとこんな感じで中が空洞になっています。それにしても汚い・・・

続いてはストーブガードとよばれるステンレスの出っ張りを外します。
このストーブガード、ワタクシはあまり好きではありませんのでそのままお蔵入りが決定!!
簡単にネジで外せます。
そして、問題のマイカを外します。構造は簡単、ねじで止まっているだけです。
内側をしっかりと固定して外しましょう。


続いて、チムニー(筒状の本体のこと)を分解していきます。
おおがかりな耐震装置を外します。これもビスで止まっているだけです。

そして、チムニーを外側から覆っている上枠とを接続している部分のネジも外します。

するとチムニーが外れます。


チムニー下部にある金色のパーツのギャラリー、こいつも外します。
チムニークリップと呼ばれる専用のクリップで留めてありますが、こいつが固い!!
このパーツも別売りでありますので、思い切って壊すつもりでやっていいと思います。(僕は壊さず再利用しましたが)


そして、タンクとくっついているビスを外して、上枠も分解。

これで分解が終了しました。
ここからはそれぞれのパーツの研磨作業。がっつり汚れを落としてピカピカにしちゃいましょう!!

関連記事⇓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング







Sponsored Link



 - Stove(ストーブ), MAINTENANCE(キャンプギアメンテナンス)